基本的なことから説明します袋帯とは何か

日本の伝統的衣装である着物ですが、いまどきは結婚式や卒業式といったイベントでごくたまに着る人がいるくらいです。そのため、自分で着ることもできませんし、それ以前にどういった小物をそろえなければならないのか、それぞれの部分の名称はどうなっているのかもまったく分かっていないという人がほとんどと言うような状況となっています。特に、帯の種類や名称は大変紛らわしく間違いやすいものです。袋帯とはなにかどういったサイズのものなのか、どういった場面で使われる帯なのか、基本的な部分についてもう一度おさらいしてみましょう。名古屋帯や半巾帯などの種類がある中で、適当に帯を合わせている方もいるでしょう。きちんと使い道を知っておくことで、特にフォーマルの場で着るときに失礼になりませんし、自信をもって着こなせるでしょう。

袋帯とは何か、どういったサイズなのか

帯の種類は、仕立ての違いはあるものの、大前提としてその幅と長さというのがあります。袋帯は4メートル30センチ前後の長さがあり、幅は八寸、24.2センチくらいとなっています。昔は表地と裏地が筒状に一つに織られ、実際に袋状となっていたのですが、このタイプは製造効率も悪く、完成後のクオリティも決して良いとは言えないことから今はもうあまり出回っておらず、表生地と裏生地とが分かれているタイプのものが主流となっています。他の帯と比べて長さ・幅ともに一番大きくなっています。それは、使用する場面に関係するのです。合わせる着物によって帯の種類を変えることができてこそ、着物を着こなせていると言えるのです。結婚式や成人式でしか着ることがなくなった今、我々に最も身近な帯と言えるでしょう。

どういった場面で使われるものか

結婚式の留袖や訪問着・成人式の振袖、いずれもお祝いの席です。こういったお祝い事は何度でも重なって続いて欲しいもの、そういった願いを込めて二重太鼓という結び方をすることが多いです。また、華やかな飾り結びをしたりもするでしょう。華やかで大きな細工を施そうとしたらある程度の長さ、太さは必要となります。そうして生まれたのがこの帯なのです。古い本で見ると礼装用とされています。ただ、最近では、フォーマルはもちろん、セミフォーマルやカジュアルな場面でも使われるようになってきました。自身の持っている着物とピッタリの帯が見つかったら購入して、少し面倒ながら普段のカジュアルな場面でも二重太鼓にしてみるというのも決してマナー違反となるわけではないのです。着物を楽しむことの方が大切です。

メールでのお問い合わせは、24時間受付 お買い物は年中無休! 運営実績12年、お仕立ても安心しておまかせください。 我が社では寸法直しを国内手縫いのみで丁寧行っており、価格も袖の身丈で30000円と特別料金になっています。 コールセンターは、平日10:00~20:00土日祝10:00~18:00です。 袋帯探すなら「京都きもの市場」がお勧め