袋帯のその魅力的な点を解説します

着物に色々な種類があるのと同様に、帯にも様々な種類が存在します。帯の種類は、形状や素材、長さなど、色々な違いがあります。その違いに応じて、どんな着物とどう組み合わせるかも異なってきます。着物に「礼装」あるいは「普段着」などがあるように、帯の場合も着物に合わせて形を選んでいきます。格式や素材、色彩など、個別の着物に合わせて美しく、かつ正しく着こなすのは楽しいものです。帯の中でも袋帯は、フォーマルな場で使う帯とされており、織り帯が一般的になっています。表地に加えて、裏地の部分に2枚生地を縫い合わせることで、袋状に仕立てられています。通常の帯と比べると、倍もある幅の帯地を二つに折り、片側部分を縫い合わせて仕立てたもので、高級品として扱われています。丸帯の場合は、全体的に帯に厚みが出るので、締めづらいことから敬遠されますが、ふくろ帯は締めやすいことから広く用いられます。そこで今回は、この帯の魅力を解説していきます。

格式が高い着物に限らず普段着にも使える

袋帯は、留袖あるいは訪問着といった格式が高い着物だけに合わせられるのではなく、柄さえ抑えれば普段着としても利用できる便利な帯です。用途が幅広くなっていますので、持っていると非常に重宝ですが、その中でも「礼装用に一つ持つのであれば、西陣織の帯を」という意見を持っている人も少なくありません。西陣織の帯は人気があり、中古で出回る場合も多くなっていますが、呉服店においても良い値段で出ている場合があります。帯そのものは仕立てる際に芯を入れますが、芯の硬さによって締めやすさが変わります。ちなみに型くずれがしにくいのは芯が硬いものですが、結ぶ時には柔らかさがないと締めるのがなかなか難しいという人もいます。ふくろ帯を作る際は硬すぎないように、適度な柔軟性がある芯で仕立てると良いでしょう。

比較的締めやすくモダンなデザインもある

袋帯は、丸帯に代わりに締める帯として制作されました。丸帯は帯の種類の中でも最も格が高く、模様も豪華になっているのが特徴だったため、花嫁衣裳用の帯として利用されていました。しかし、丸帯はふくろ帯の倍ほどの横幅があり、かなり重さもあったので、着用しているのは大変でした。さらに、帯を結ぶのも一苦労だったことから、丸帯をもっと締めやすく、かつ簡略化した帯がふくろ帯となり、主流になりました。ふくろ帯には、モダンな雰囲気の染めふくろ帯もあります。織りの帯を好む方は多いですが、染めの技術でしか表現できない風合いが魅力的です。和装でお出かけしたい時にも大活躍します。生地はシットリした絹地で、ビビッドな雰囲気のものもあります。帯によって違った個性が楽しめるため、大人だけが持つ情感や気品の溢れる着こなしを実現します。