袋帯の色々な種類を紹介していきます

袋帯は、昭和初期に丸帯に変わって広く使われるようになりました。そして現在では、帯と言えば袋帯と言われるほど、帯を代表する存在となっています。しかし、とても種類が豊富な事から、どの着物と合わせれば良いのか?と着物をあまり着ない方にとっては、悩みの種になるケースが多々見られます。そこで今回は、袋帯の色々な種類をまとめてみました。種類を把握するだけでなく、合わせる着物も同時に把握しておくと、いざという時に役立つ事間違いありません。また、種類によってはフォーマルシーンからカジュアルシーンまで、幅広く活用する事が出来ます。その為、種類を把握する事が、着物の着こなしのバリエーションを増やす事にも繋がるでしょう。是非今よりもっと着物を楽しみたいという方に、オススメです。

礼装用には着物も格式高いものを

吉祥模様や箔が織り込まれているものは、一般的に礼装用となります。また、礼装用であるかどうかの簡単な見分け方として、金や銀の糸が織り込まれているかどうかが挙げられます。金や銀の糸が織り込まれているのであれば、礼装用であると言えるでしょう。礼装用に合わせる着物は、当然ながら同じような格式高いものでなければいけません。そこで、高級感を感じさせる着物を合わせるようにしましょう。例えば、着物と帯を同じ吉祥模様でまとめると、祝いの席にピッタリの格式高い装いに仕上がります。この場合は、吉祥模様の付け下げもしくは訪問着の着物を選ぶと良いでしょう。また、黒留袖、色留袖にも、礼装用を合わせるようにしましょう。決してカジュアルな着物を合わせないようにするのがポイントです。

紬織りや錦織りはカジュアルな装いに

紬織りは、数ある種類の中でも最もカジュアルな着こなしが楽しめます。また、同じ紬を使った着物ととても相性が良いのが特徴です。そこで、紬の着物をよりオシャレに着こなしたいという時に、紬織りを合わせると良いでしょう。大島紬は勿論、紬の付け下げでも趣のある着こなしが楽しめます。また、色無地にも合わせやすい事から、ちょっとしたお出かけにもピッタリです。錦織りも、紬織りと同じようにカジュアルな着こなしにマッチします。しかし錦織りは、遊び心ときちんと感を兼ね備えているのが、紬織りとの違いです。その為、同じように遊び心を感じさせる小紋と合わせる事を、オススメします。きちんと感があるので、大人ならではの遊び心を存分に引き出したオシャレな着こなしに仕上がります。