袋帯を手に入れる方法を紹介します

主にフォーマルシーンやお茶席等で使われる、重厚で豪華な袋帯。浴衣以外の和装に縁がなく洋装が基本の現代人にとって、着物の帯といえばコレだといっても差し支えがないかも知れません。格調高く凛とした姿に装い、時には『洒落袋』でカジュアルに楽しみ、帯付きの姿で人目に触れることも多いです。自分が締めて心躍り、他人の目にもはんなり美しく。購入の際は失敗しないよう、慎重な検討が必要です。では、いざ購入しようとと決めたときは、どこでどのようにして手に入れればよいのでしょうか。今の時代、街並みから着物を扱うお店も消えつつあり、帯を買いたくてもそもそもどこで売っているのかが分からない方もおられるでしょう。ここでは昔ながらのお店で買う方法と、今時のインターネットを利用する方法と、2つに分けてご紹介します。

百貨店や呉服店を訪問して購入する

百貨店の着物売り場や呉服店に行くと、様々な着物や帯が展示されています。自分の目や手で実物を確かめながら選ぶことができ、価格や仕立ての好みをスタッフに相談できるのが、実店舗購入での最大のメリット。袋帯は格式が高く、一般人にとってはそう何度も買うことがない高価なものですから、専門的な知識を持つスタッフの客観的な目でアドバイスをもらいながら、好みのものを探しましょう。一度訪ねただけですぐに決めてしまわず、何件かの店を回ってじっくりと比較検討するのがコツ。商品だけでなく、今後のアフターケアでお世話になるかも知れないスタッフの人柄もよく見ておきましょう。着物初心者の方、商談が苦手な方、勧められたら断れない方は、交渉事が得意で着物に詳しい人と一緒に行くと安心です。

インターネットの通信販売を利用して購入する

実店舗に行くのは苦手、面倒くさいという方は、インターネットの通信販売での購入も視野に入れましょう。キーワードを入力するだけで、仕立て前の新品からアンティークものまで数多くの袋帯がヒットします。もし中古でも構わないなら、たった数回締めただけの高級帯が新品の半値程度で出ていることもあるので、宝さがし気分で楽しんでみましょう。通信販売は便利でラクというメリットがある反面、実物を見ることができないため思ったものと異なるものや、粗悪なものが届くケースも考えられます。これをなるべく避けるには、気になる帯を見つけたらまずは店舗に連絡をとり、不安点や疑問点をすべて解消してから注文することが大切です。店舗によっては一定期間の取り置きもしてくれますので、希望があればお願いしてみましょう。